赤ら顔の改善方法

あなたは大丈夫?すっぴんの顔が赤い人がやる間違いだらけの保湿方法

顔の赤みが気になる女性

どんなにスキンケアをしても、すっぴんの赤みはなかなか良くならないのではないでしょうか?

赤ら顔さんは、皮膚が薄い傾向にあり、普通よりも敏感になっています。

普段何気なくやっていたスキンケアでも、間違った保湿方法で赤みが治らず、悪化させてしまっていることもあるので気をつけましょう。

この記事では、赤ら顔をを悪化させる生活習慣やスキンケアと、おすすめの保湿方法を紹介しています。

すっぴんの顔が赤いのはなぜ?

赤ら顔の頬
すっぴんが赤い、赤ら顔の人は、体質的に敏感肌で皮膚が薄い傾向にあり、毛細血管が透けて見えてしまいます。

季節や気温の変化で鼻や頬が赤く見えることがあり、気になってしまいますが、「生まれつきだから」とあきらめることはありません。

肌を薄くしてしまうことを極力やめる事、赤ら顔になりやすい生活習慣を改善し、赤みをケアする正しいスキンケアをすることで、すっぴんの赤みを改善していきましょう。

すっぴんの赤ら顔を悪化させてしまう4つの理由

洗顔の泡
赤ら顔を悪化させてしまう、スキンケアや生活習慣があります。

気になるものに該当していないかチェックしましょう。

過剰なスキンケア

保湿のために高い化粧品を使ったり、古い角質を落とすためにピーリングをするなど、良かれと思ってやっていたスキンケアが刺激になってしまうことがあります。

毛細血管が透けてしまう薄い肌には、高すぎる化粧品やデパコスの海外ブランドの化粧品は逆に成分や香料が強いため、赤ら顔さんのデイリー使いには、日本製で敏感肌もつかえるスキンケアが良いです。

皮膚を厚くする化粧品はないからこそ、敏感な肌の状態を回復し自分の肌力をあげて、赤みの目立たない肌にしていきましょう。

冷え体質(隠れ冷えも)

顔は赤いけど、体は北欧ばりに白いというのも、赤ら顔に悩む人の特徴かもしれません。

一概にはいえませんが、赤ら顔さんは血行不良による冷えが慢性化している可能性があります。

東洋医学では、冷えによって体の不調が起きるといわれており、手足が暑い人でも、ストレスや食生活で内臓の冷えが起こっていることは多いようです。

知らず知らずのうちに、体を冷やす生活習慣を続けると、体温が下がり代謝落ち、内臓の働きが悪くなったり、栄養を吸収する機能も低下していしまい、肌荒れにもつながります。

赤ら顔さんは、血流をよくして少しずつ冷えとりを行いましょうね。

ストレス、生活の不規則

仕事や家事などに追われ、心身ともに蓄積されるストレスは、美肌の大敵です。

ストレスや睡眠不足は、自律神経の不調を引き起こします。

自律神経は内臓の動きなど、自分の意志でコントロールすることができないものなので、乱れてしまうと血管を拡げたり、収縮させたりする役割にも影響がでてしまうようです。

自律神経の不調によって毛細血管が拡がることによって、顔が赤く見えてしまうので、時にはしっかり休み、睡眠もとりましょうね。

辛いものやアルコールが好き

辛いものを食べると汗をかきますよね。
唐辛子などの辛み成分であるカプサイシンは体を温める効果があり、血管を拡張させて血流を良くする働きがあります。

アルコールも血管を拡張させる作用があるので、習慣的なとりすぎには気をつけましょう。

良かれとおもってやっていたスキンケアは赤ら顔にはNG

洗顔する女性

1日2回以上洗顔

顔の洗いすぎは必要な皮脂を流してしまうため気をつけましょう。

朝も念入りに洗顔する赤ら顔さんは、洗顔フォームではなく、ぬるま湯で洗うことで毛細血管を刺激せず、優しく汚れだけ落とすことができます。

洗顔フォームは洗浄力が強いものが多いため、石鹸タイプを選ぶようにしましょう。

テカリが気になるので保湿はほどほどにしている

ベタつきが気になる人でも意外と水分不足である場合が多いです。

夏はベタつくから化粧水のあとは乳液をつけないという人もいます。

水分補給をしても、浸透しなければインナードライが進んでしまうため、肌自身が皮脂の分泌量を多くして、バランスをとろうとします。

しっかり化粧水で保湿をし、うるおいを角質層まで届けましょう。

冷やした化粧水をつける

拡張した血管を収縮させるために、冷やした化粧水をつけたり、氷でクールダウンさせるのは、肌トラブルのもとになることもあります。

毛細血管が透けて見える赤ら顔さんは、皮膚がうすく、敏感な状態のため、毎日のお冷やしが逆に刺激になってしまうようです。

肌にのせる化粧品が多い

私もそうでしたが赤みが気になる人は、下地、コントロールカラーやコンシーラー、ファンデーション、パウダーを重ねて、徹底的に赤みを隠しますよね。

ですが肌への負担を考えると、お休みの日を作って敏感な肌を休ませたいところです。

休みの日は、簡単な日焼け止めとパウダーなどにし、肌への刺激を抑えてあげましょう。

赤ら顔に効果があるスキンケアは化粧水にこだわて!

シロメルの化粧水のテクスチャ
赤ら顔さんは肌が敏感になっているので、過剰なスキンケアは不要。
シンプルなケアで、なるべく肌にやさしいものを使うのが鉄則です。

そのため赤みが気になる人は、角質層に水分補給ができる化粧水を見直すことが最も効果がでやすいのです。

乳液やクリームでうるおいが逃げないよう蓋をしたところで、肌の水分量自体が不足していては意味がないからです。

すっぴんの赤みをケアきる化粧水で、じっくりケアしてあげましょう。

赤ら顔さんが選ぶ人気No.1化粧水

シロメルは赤ら顔専用の化粧水なので、敏感肌女性に人気です!
初回1,800円!お試しサイズではなくフルボトルじっくり試せます♪
シロメルの公式サイトへ

漢方由来の赤みケア成分と、ヒト幹細胞エキスがグングン浸透するので
効果をしっかり実感できます♪

肌の生まれ変わりを促進できるので、もう効果のない赤みケアからは卒業しましょう!

赤ら顔を改善していくためには、自分の肌力を上げるしかない

シロメル化粧水
美容液をつかったり、美白成分が配合された化粧水で赤みケアするのもありですが、すっぴんが赤く敏感な状態になっている肌には、化粧水、美容液、乳液などの工程で栄養をプラスするのではなく、シンプルな保湿ケアが最も効果的です。

肌自体の潤う力を高めて、赤みを改善していきましょう。

シロメルの詳細へシロメルの公式サイトへ